アダルトチルドレン克服のために読んだ本5選【心理系大学院生が厳選】

自分がアダルトチルドレンなのは分かった。でもどうやってこれから克服していけばいいの?生きづらい。。。

といった方の疑問にお答えします。

筆者は、元アダルトチルドレンで、うつ病や適応障害などいろんな精神疾患を経験してきました。

そんな経験からイギリスの心理学系大学院に進み、アダルトチルドレンを大体克服してきたという経歴があります。

そういった経験をもつ筆者が、アダルトチルドレン克服にヒントになった本を5冊紹介していきたいと思います。

アダルトチルドレン克服には「Distancing (感情と距離を置くこと)」が重要

筆者がイギリスでカウンセリングを受けていた際によく言われていた言葉です。

その時の経験の記事はこちらから。

自分がアダルトチルドレンであると悩んでいる時は、その感情に埋もれてしまいます。

そのため、「なぜこの感情が起きているのだろう」と考え、一旦距離を置くことが必要です。

感情から距離を置くためには、その感情が起きている仕組みを客観的に理解する必要があります。

理解するために役立つ本を以下に紹介していきますね。

アダルトチルドレンの仕組みを理解する

毒になる親

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社 α文庫)

新品価格
¥858から
(2019/10/13 16:56時点)

「毒親とその子供への影響」について詳しく解説した本です。

この原著のタイトルはToxic parents(毒親)であり、この本は「親は子供にとって毒になる」という前提で書かれている本です。

そのため、アダルトチルドレンであると知ったばかりで、

  • 自分にこんな悪影響を与えた親が憎い
  • 親への怒りに沸いている

といった「怒り」や「悲しみ」といったネガティブな感情に沸いてしまっている人向けの本です。

そういったネガティブな感情が出てきてしまう原因がわかるかと思います。

ですが、アダルトチルドレンや心理学のことを知って長く、

  • 親も大変だったんだな
  • 親とこれから仲良くしていきたいかも

といった方にはあまり向かない本かもしれません。

自分を嫌うな

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

新品価格
¥545から
(2019/10/13 16:58時点)


著者は加藤諦三先生という、心理学畑出身ではありませんが、かなり心理学の本を出している方の本です。

アダルトチルドレンの方は「自分が嫌い」という気分がとても強い方もいるかと思います。

この本は、「自分が嫌い」という感情をかなり客観的に分析してくれているので、「自分はこういうことで自分が嫌いなのか」とかなり納得がいきます。

ただ、本のタイトルの雰囲気と違い、少し言い方が厳しいところもあるので、めっちゃ落ち込んでいる人はもしかしたらもう少し元気が出てから読んでもいいかもしれません。

家族という病巣

家族という病巣

新品価格
¥1,650から
(2019/10/13 16:59時点)


アダルトチルドレンの問題における、家族の影響を知りたい方にとってオススメの本です。

アダルトチルドレンは、愛着という問題がかなり絡んできます。

「愛着ってなんだ?」って方は以下の記事を読んでみてください。

愛着障害とは?【愛着理論をわかりやすく解説します】

アダルトチルドレンや親子関係を理解する上で基礎中の基礎になる考えですので、知っておいて損はありませんよ。

この愛着は親子関係だけではなく、家族全体の影響をかなり受けます。

例えば、特段親子仲が悪くなくても、両親の仲が悪いとアダルトチルドレンの原因となったりもしてしまいます。

こういった家族関係の影響を知る上でかなり有用な本です。

アダルトチルドレンを癒していく本

アダルトチャイルドを癒す本

アダルト・チャイルドが自分と向きあう本

新品価格
¥1,650から
(2019/10/13 17:04時点)

自分でアダルトチャイルドを癒すことに特化した本です。

アダルトチルドレンで悩んでいると自覚している方は、小さい頃にトラウマを抱えている場合が多いです。

そのため、カウンセリングとか行くとインナーチャイルドセラピーといった形で、「あなたの中の傷ついた子供のあなた」を癒す作業を行うことが多いです。その癒す作業を自分でできる本です。

筆者もかなり本に助けられました。二週くらいしましたが、だいぶ有用な本だと思います。

心の傷を癒すカウンセリング366日

心の傷を癒すカウンセリング366日 (講談社 α文庫)

新品価格
¥1,034から
(2019/10/13 17:06時点)


アダルトチルドレンはすぐに克服できるものではありません。

今まで何十年もやってきた生き方を変えるので、なかなか大変な作業です。

そのため、仕事や勉強で結果を出すのと同じように、「継続」が一番重要になります。

継続しやすい形で、「今日1日のメッセージ」といった形で1日1分ぐらいで読めるようにまとめてある本です。

まとめ

以上が筆者が読んできた本のまとめ記事でした。

アダルトチルドレンの克服は容易ではありません。

なので、「んーなんか高いしあとでやろう」といって数千円くらいをケチり、心理の勉強を惜しんでいたらいつまでも変わることはできません。

ここまで読んでくれた方が今ここで行動をする人であることを願います。

読んでくれてありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です