恋愛が冷めやすい人の心理【心理学修士号持ちが解説】

  • 恋愛冷めやすい人っているけどなんでなの?
  • どうやったら冷めにくくなるの?

こういった疑問にお答えします。

この記事を読むことによって、

  • 恋愛が冷めやすく、恋人が短期間で変わってしまう人の心理がわかります
  • どうやったら冷めにくくなるのかといったことがわかります。

筆者はイギリスの大学院で心理学を研究(愛着理論)し、様々な恋愛のケースを研究してきました。

そのような筆者が解説いたしますので、ゆっくり読んでいってください。

親密な関係が怖い

恋愛が冷めやすい人の多くは、「周りの人は怖いもの」と考えている場合が多いです。

意識はしていませんが、完全に無意識下でそのように考えています。

そう考えるに至る理由は色々ありますが、大きな理由として幼少期に「周りの人は怖い」という認識を植えつけられたことにあります。

人間の周りの世界や人への信頼感は、幼少期に培われるものです。特に親の影響が大きいです。

当然、幼少期の親が厳しすぎたりすると、周りの人への信頼感を養うことができません。

そうなると、

  • 周りの人たちは自分を攻撃してくる
  • 周りの人たちは信用できない

といった考えを無意識で持ったまま大人になってしまうことがあります。

そのまま大人になってしまった場合、怖い周りの世界から自分の身を守るために取る行動の一つが、「周りの人たちとの関係を表面的に留めること」です。

  • 「表面的でいれば、自分の弱点も分かられないし、攻撃もしてこないだろう」
  • 「 周りの人たちは怖いから、仲良くするのはやめておこう」

といった感じで、他の人と深い関係を作らないようにします。

それが、「親密な関係が怖い」心理の理由です

「好き」といってもらえ、自己価値観をあげてもらえる恋愛

では、「親密な関係を作るのが怖い」のに、なんで冷めやすい人は恋愛を何度も繰り返すのでしょうか?

そうなる理由は、自分の存在価値を認めてくれるたくさんの人を求めてるためです。

人間は小さい頃に誰かに存在価値を認めてもらわないと、自分の存在価値を自覚できません。

親密な関係を作るのが怖い人は「周りの人=怖い」と思ってしまうぐらいなので、小さい頃に存在価値を認めてもらえなかった人が多いです。

多くの場合は、親が

  • 反論すると必要以上に怒る人だった
  • 情緒不安定だった
  • 子供なのに逆に親のことを褒めたり、家事をやったりする必要があった

みたいな状況が多いですね。

それが満たされないまま大きくなると、周りの人から存在価値を認めて欲しくなってしまいます。

そんな状況だと

  • 好きだよ
  • 君しかいない

だとか言われ、自己価値観爆上げしてくれる恋愛はかなり強い快楽をもたらします。ある意味麻薬でハイになってるのと同じ状態ですね。

冷めやすいと感じている人の「恋愛に熱くなっている」瞬間はこの瞬間です。

表面的な熱い恋愛を繰り返す

恋が冷めやすい人は、「表面的な熱い恋愛を何度も繰り返す」ことが特徴でもあります。

その理由として、親密な関係を怖がりつつも、「好き」といってもらいたいためです

人と人が長く付き合っていれば、親密な関係になりがちです。

心理学にはザイオンス効果という用語があり、人は何度も接触をしている人には親しみや親密さを感じやすくなります。

ですが、恋愛に冷めやすい人は、根本的に人と親密になるのが怖いという特徴があります。

そうなると、そのような人たちにとっては、一人の人と何度も接触し、長い時間過ごして親しい関係を作ることはとても怖いことです。

小さい頃に何かしらの理由で「周りの人=怖いもの」という認識が出来てしまっているので、何かしてくるのではないのかという恐怖を感じてしまいます。

ですが、「好きだよ」と言ってもらって自分の自己価値観を高めてほしいという欲求もあります。

  • 人と親密な関係は築きたくない
  • でも自分の存在価値を確立するために「好きだよ」とは言ってほしい

この二つのニーズを満たすためには、「表面的な恋愛関係を何度も繰り返す」というのが一番最適な方法となります。

冷める時は急激に冷める

そして、「急激に冷める瞬間」は、「赤の他人→友人→親しい恋人」の友人から親しい恋人に移行する瞬間です。

ここで別れる人と、ズルズルひきづってしまう人いますが、別れる人の理由として、

  • 価値観が合わなかった
  • 好きじゃなくなった
  • 趣味が合わない

と色々と理由はつけて別れますが、

ですが、かなり根本的な理由は「「親しい人ゾーン」に入ってきて怖くなってしまったから」です。

ここまでくると、

  • 恋愛が冷めやすい人
  • 超短期間で何度も彼氏彼女が変わっている
  • めっちゃラブラブそうだったのに、割とすぐに別れている
  • 彼氏彼女がいない期間がめっちゃ短い

といった人の心理がご理解頂けたかと思います。

冷めやすいと自覚してる人はどうすればいいのか

ここまで読んだ方で、もしかしたら「あ、これ自分のことだわ」と思っている方もいるかもしれません。

もしそれでうまくいっている方はそれでも大丈夫ですが、できればそのような自分を変えていきたいと考えている方もいるかもしれません。

そのような方にやって頂きたいことは、「自己価値観を上げること」です。

「恋愛に冷めやすい」という現象のかなり根本にあるのは、「自己価値観が低い」といった要因です。

「恋愛に冷めやすい」というのは現象の一つで、もしかしたらあなたにはこんな特徴もあるかもしれません。

  • 周りと自分を比べてしまう(劣等感を感じたり、逆に優越感を感じたり)
  • ネガティブ思考が強い
  • 必要以上に完璧主義なので、失敗すると落ち込む

これらの多くが自己価値観の低さから来ている可能性があります。

そのため、自己価値観の低さをあげられれば、「恋愛に冷めやすい自分」を少しは変えられていけます。

そのために有効なのが、リフレーミングです。

リフレーミングとは、浮かんできたネガティブな考えに対して「しても良い」と許可を出すことです。

  • 自分は恋愛に冷めやすいからダメだ→冷めやすくない自分でも良い。
  • 自分は仕事ができないからダメだ→別にできなくても良い。

といった風にネガティブな考えにたいして「そうしても良い」と許可を出していくことです。

それを繰り返していくことで、少しずつ「人と比べず、自分でいて良い」という感覚が身についてきます。

ネガティブな考えは、自動的な考え(自動思考)からくるものです。

少しずつ自動思考から変え、自己価値観を上げていきましょう。

そうすることにより、表面的な恋愛に自己価値観を上げてもらう必要はなくなってくるでしょう。

まとめ

長々と話してきてしまいましたが、ここまでの内容をまとめるとこんな感じです

  1. 親密な人間関係を作るのが怖い
  2. 怖くなるような養育環境で育っていると、自己価値観が低い場合が多い
  3. 他の人が自己価値観を認めてくれる恋愛を求めてしまう
  4. でも親密な人間関係を作るのが怖いので、表面的な恋愛で止まってしまう
  5. 親密ゾーンに入ってこようとすると、急激に冷める
  6. リフレーミングで冷めやすい恋愛体質が治るかも

といった感じです。

情報量が多いので、ご理解頂けたか少し心配ですが、何となくでも分かって頂けたら幸いです。

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です